富山市で外壁リフォームを一番安くする方法はこちらがおすすめ

富山市で外壁リフォームを考えている人は安くできるようにしましょう。

 

外壁リフォームの相場の値段を知るには、1社では知ることはできません。

 

複数の富山市の外壁リフォーム業者の見積もりをもらわないと富山市の外壁リフォームがどれくらいのものか知ることができないのです。

 

今は便利な世の中になりネットで無料一括見積もりができます。

 

外壁リフォームの費用相場について

外壁塗装の費用はわかりにくい部分が多く、業者の出した見積もりが適正価格であるのかの判断も私たちには難しくなっています。

 

実は年間5000件以上の被害や相談がある業界でもありキチンと相場を知って知識を入れておかないと、悪い業者に騙されてしまいます。
今回は外壁塗装の相場価格をまとめました。

 

外壁塗装工事は現在の壁の状態や使用する塗料によって大きく変わります。

 

建物の建坪が15坪で外装塗装と屋根塗装を両方行った場合、一番安価なアクリル系塗料だと約65万円で可能ですが、ウレタン系塗料だと約70万円、シリコン系塗料だと約75万円、フッ素系塗料だと更に上がって約90万円、特殊系(断熱系塗料など)だと100万を超える金額が掛かります。

 

建坪とは1階部分のみの坪数ですので、二階建てや三階建てになるとその分だけ、金額が上がっていきます。

 

悪徳業者にひっかからないためには気になることはどんどん業者の方に質問をすることです。

 

信頼のおける業者であればこちらの質問に対してしっかりと答えてくれます。

 

また見積もりを出してもらって塗料の種類やグレードの確認をすることも重要です。

 

その時に納得できるような回答や見積もりを得られれば良いですが、なにかひっかかる点があったり気になる点がある時は業者を変えるのも賢い選択です。

外壁リフォーム業者の優良業者とは

外壁リフォーム作業など家に関するサービスを依頼する際は事前に下調べをすることが重要です。
なぜなら塗装業界は悪徳業者も多く紛れ込んでいるので、選び方を間違えると悪い業者にひっかかって損をしてしまうからです。

 

今回は優良な外壁リフォームの業者を見極めるポイントについてまとめました。

 

まず大きなポイントとなるのが、リフォーム業者なのか工務店という違いです。

 

会社名や企業名ではこの違いは見極めにくいので何処まで施工を行うかで、判断をします。

 

リフォーム業者はその名の通り、リフォームに関することのみ行いますが工務店ではリフォームや外壁塗装だけといったピンポイントでの業務も行いますし、

 

注文住宅や新築工事も行っています。

 

これらは両方とも業務形態が共通していて、客の要望に沿った職人を手配・管理をして紹介料として金額を請求します。

 

両方とも実際の施工はその会社がやるのではなく、下請けの別業者が行います。

 

また見積もりの出し方も異なり、リフォーム業者は自社で見積もりを出して、下請け会社へ「この金額でやってください」と依頼する形態をとっています。

 

一方工務店は施工業者が見積もりを出した金額に、さらに紹介料や手数料といった手数料がプラスされて提示されます。

 

そして一番注意しないといけないのが、外壁塗装に関する知識の違いです。

 

リフォーム業者は現場での職人への指示や指導がない場合がほとんどなので、現場の担当者が外装塗装について何も知らない場合があります。

 

 

もちろんキチンとしているリフォーム業者もありますが、数は少ないです。
しかし工務店の場合は工事現場へ直接出向き職人へ指導を行うこともあります。

 

ですからリフォーム会社へ外壁塗装を頼む時は外壁リフォームの施工実績がそのくらいあるか、その担当者が元々どんな分野で営業していたかを聞いてみると良いでしょう。

 

納得のいくとした返答が返ってくれば、安心できますし、優良企業ポイントが高いです。

 

工務店へ外壁塗装を頼む時のポイントは、まず外壁塗装の施工実績の確認をするのがポイントです。

 

工務店といっても大きな工事が多く、外壁塗装の経験がない業者もあるので外壁塗装の経験が少ない業者を避けるためにも聞いておきます。
実績がしっかりしているなら、昔からの繋がりがある質の高い職人が多いので優良企業ポイントが高いです。

 

最後に富山市で外壁リフォームを依頼する際は、必ず複数の業者から見積もりを取得し、しっかりと比較検討を行ってから発注するようにしましょう。

 

外壁リフォームはねっとで数社の見積もりが簡単にもらえる

富山市,外壁リフォーム,安く

外壁リフォーム業者の手抜き工事は

欠陥住宅という言葉を一時器よく耳にしましたが悪徳業者が行う手抜き工事には様々な種類があります。
実際にどのような手口を使うのかをまとめました。

 

まず下地処理をしないという手口です。

 

下地処理とは表面を滑らかにしたりひび割れを補修することです。

 

実はこの処理をしなくても塗料で隠れてしまうので、処理をしなくてもバレないのです。

 

納期短縮の為に、下地処理をしない業者もいるのです。

 

次に洗浄を手抜きするという手口です。塗装箇所に汚れやゴミ、コケやカビなどが下地と塗料の間に挟まると劣化が早くなります。

 

しかし洗浄をしっかりしているかどうかは我々にはわからないので、手抜きでおこなう業者もいます。

 

塗り方に関しては、乾燥時間を守らない・複数回塗らない・塗りが薄いという手口もあります。

 

塗装の乾燥時間を短くすれば、作業は早く終わるのでどんどんほかの現場の仕事を受けることが出来ます。

 

重ね塗りもしなければもっと工期は短縮できることになるので、こういった手口を使ってもうけようとする業者も実際に存在します。

 

しかし不十分な乾燥や、重ね塗りが足りないと劣化が早くなるので欠陥住宅になってしまいます。

 

他にも計量をしないで塗料を作ったり、塗料を薄めるという手口を使うところもあるそうです。

 

塗料には決められた希釈濃度があります。それをキチンと計量せずに使う業者があったり、既定の濃度以上に薄めて工費を浮かそうとする業者もいます。

 

一番怖いのが約束した塗料を使わないという手口です。

 

実際のところ外壁を塗り終わった後は見た目ではなにを使っているかは見分けがつきにくいです。

 

それを利用して、シリコン系の塗料と言いながらアクリル系塗料を使うところも中にはあるそうです。

 

外壁塗装をお願いする場合は事前にしっかりと調べて、信頼出来る業者に頼むことが重要です。

 

外壁リフォームはねっとで数社の見積もりが簡単にもらえる

富山市,外壁リフォーム,安く